あなたはどうする?結婚式の定番スタイルとは


結婚式は家族やゲストから祝福される最高の晴れの日

結婚式をどこでどのようなスタイルで挙げるかは、生涯の思い出となるため慎重に決めたいものですね。

いま結婚式の形はとても多様化しています。オリジナリティ溢れる個性的なものも良いですが、多くの人に支持されている定番の結婚式にはどのような種類やスタイルがあるのか見ていきたいと思います。

結婚式の定番スタイル3選!

結婚式の定番スタイルといえば、キリスト教式、神前式、人前式の3つです。

まずキリスト教式は、式場やホテルに設けられたチャペルで行われる挙式です。牧師は常駐していることは少なく、ホテルや式場が契約する牧師によって司式が行なわれます。披露宴と違い親族のみで行われることの多い結婚式ですが、キリスト教式の場合は友人も参加しやすい形態です。

次に神前式は、神社またはホテルや式場で行われる神式の挙式です。神社ならばその神職が、ホテルや式場ならば提携している神職が式を執り行います。この式の場合、参列できるのは親族のみの場合が多いようです。日本ならではの白無垢姿に憧れる人や、和の雰囲気を好む人に人気のスタイルです。

人前式は、二人の婚姻の証人となる立会人や親族またゲストの前で行う挙式です。宗教にとらわれない自由度の高い式の形です。挙式を行う場所も様々で、ホテルや式場はもちろん、レストランやクルーズ(船上)ウェディングなどもあります。式の内容は、結婚証明書への立会人のサインや指輪の交換などを行います。友人たちとともにオリジナルウェディングを演出したい人におすすめのスタイルです。

最高の挙式にするために

結婚式の主役は二人です。

家族の意見なども考慮しながら二人で相談し合って素敵な結婚式場を選び、最高の晴れの日にしたいものですね。

福岡の結婚式場の県内の2大都市・福岡市と北九州市内に集中しています。そして競争の激しさからそれぞれサービスレベルが高いため、福岡で結婚式を挙げるなら福岡市か北九州市内で探すのがおすすめです。