リラックスできる?ローソファーのメリットとデメリット


ローソファーのメリットとは?

ローソファーとは、座面の低くなっているタイプのことです。ローソファーには他のソファーとは異なるメリットがあります。1つ目は「部屋が広く見える」という点です。ローソファーは座面が低いため、天井との距離が遠くなると言われています。天井と家具の距離が遠いほど、部屋全体にスペースができますよね。空間が多くなると、人間は「広い場所だ」と錯覚するからです。2点目は「小さな子供が座っても安心」というメリット。高低差が少ないことで、ソファーから落ちても怪我をしにくいです。「リラックスできる」といった特徴も、ローソファーのメリットでしょう。他のタイプと違い、ローソファーは足をしっかりと伸ばすことが可能だからです。

ローソファーにはデメリットもある

メリットの多いローソファーですが、デメリットがあることも事実です。例えば、高低差が少ないために「立ち上がることが大変」と感じる人がいます。腰や膝に負担をかけたくない場合には、避けた方が無難かもしれません。また「ローテーブルと合わせにくい」という意見もあります。ローテーブルは、通常タイプのソファーに合わせたものが多いようです。そのようなことから、ローソファー専用のテーブルを購入する必要があるでしょう。ローソファーの中には、コタツ対応タイプもあります。コタツ対応のソファーであれば、テーブルが付いているため便利ですよね。他にも「リラックスし過ぎてしまう」というデメリットがあるのだとか。ソファーでリラックスすることを目的にしていない時には、違うタイプを検討してみても良いでしょう。

低い座面のローソファーは圧迫感がない為、部屋が広く見え、足のついてないものですと、こたつにも使えるメリットがあります。